Header
Header
「エンターテイメントを創る人・楽しむ人、両者の幸せを追求する」

2014年2月、スタジオキングは「エンターテイメントを創る人・楽しむ人、両者の幸せを追求する」という思いのもと誕生しました。現在は、スマートフォンゲームに軸足を置き、ヒット作を継続的に生み出すことを目標としています。

年間200以上ものタイトルが生まれては消えていくスマートフォンゲーム市場、その中でわたしたちがヒットを生み出し続けるやり方は「起業するかのようにゲームを創ること」です。3人のスモールチームからはじめ、ユーザーニーズの発掘やチームづくりから自分たちで実行します。はじめたときには一件無謀に見える挑戦ですが、絶対にヒットを生み出すという熱量を元に、信頼できる仲間が集まり、ユーザーのニーズに応えようとするこだわりがゲームの細部まで行き渡り、結果として成し遂げてしまうのです。実際に、2015年2月にリリースした最初のタイトル「ぼくとドラゴン」は月商4億円を突破し、今なお成長を続けています。

ユーザー目線のクリエイターにとって最高のモノづくり環境にする。クリエイティビティと利益創出の両立を実現する。常に時代にフィットするエンターテイメントを提供出来るチームになる。……叶えたい夢は尽きません。スタジオキングは、エンターテイメントを創る人・楽しむ人両者にとって最高の会社を目指します。

2014年2月、スタジオキングは「エンターテイメントを創る人・楽しむ人、両者の幸せを追求する」という思いのもと誕生しました。現在は、スマートフォンゲームに軸足を置き、ヒット作を継続的に生み出すことを目標としています。

年間200以上ものタイトルが生まれては消えていくスマートフォンゲーム市場、その中でわたしたちがヒットを生み出し続けるやり方は「起業するかのようにゲームを創ること」です。3人のスモールチームからはじめ、ユーザーニーズの発掘やチームづくりから自分たちで実行します。はじめたときには一件無謀に見える挑戦ですが、絶対にヒットを生み出すという熱量を元に、信頼できる仲間が集まり、ユーザーのニーズに応えようとするこだわりがゲームの細部まで行き渡り、結果として成し遂げてしまうのです。実際に、2015年2月にリリースした最初のタイトル「ぼくとドラゴン」は月商4億円を突破し、今なお成長を続けています。

ユーザー目線のクリエイターにとって最高のモノづくり環境にする。クリエイティビティと利益創出の両立を実現する。常に時代にフィットするエンターテイメントを提供出来るチームになる。……叶えたい夢は尽きません。スタジオキングは、エンターテイメントを創る人・楽しむ人両者にとって最高の会社を目指します。

会社情報

社名
株式会社スタジオキング(studioking Inc.)
代表者
鈴木 貴明
資本金
5百万円
設立
平成26年2月18日
所在地
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー12F
従業員数
53名(2016/7/31現在)
事業内容
スマートフォン向けネイティブゲームアプリの企画・開発・運営・販売

アクセス

住所
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー12F/17F
交通
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 1番出口より徒歩約5分